コラム

社員の家族も巻き込む

クリスマスですね。

我が子も今日だけは早朝からシャキーンと起き上がって、早速プレゼントを開けて大はしゃぎしていました。

普段は起こそうとしてもなかなか布団から出ようとせず、抱っこしてリビングに連れて行くことが多いのに、、、

この違いは何なんでしょう!?

 

窓から外に向かって「サンタさーん、プレゼントありがとう!」と言いながら手を振ってました。

この素直さ、いつまで失わずにいてくれるのでしょうか(笑)

 

さて、先日の日曜日に、クライアントさんが毎年開催しているクリスマス会に家族で招待していただきました。

行ってみると、パートさんも含めた従業員の家族や恋人が集合しています。

以前は仕事終わりに忘年会をしていたのですが、「家族も呼びたい」との声が上がってこのような形になったのです。

そのような声が上がること自体、社員同士の仲の良さが垣間見えます。

そしてそれに応えてクリスマス会を開催する社長も素晴らしいです。

 

ホテルの宴会場でコース料理が振る舞われ、一段落したところでプロミュージシャンによる演奏や、マジックショー。

そして子供には社長自らお菓子がいっぱい詰まった袋を手渡していきます。

子供達は中を覗いて大喜び!

最後はビンゴゲームで出席者全員に景品が当たります。

上位の景品はかなり豪華!

 

いつも会社で見ている真剣な表情とは違い、皆さん楽しそうに過ごしている姿がとても印象的でした。

そして、どの社員にも守るべき家族(や恋人、両親など)を背負って頑張っているんだということを改めて感じました。

 

そしてもう一つ。

家族の方の喜んでいる姿を見ていると、この会社はさらに強くなっていくと確信しました。

 

冷静な見方になりますが、

会社からこれだけのものを与えれば(社長にとっては与えているという気持ちはないと思いますが)、

与えられた側は何らかのお返しをしたくなるはずです。

 

社員はもっと頑張ってもっと会社をよくしていこうと思うでしょうし、

社員の家族は家庭からバックアップしていこうとするでしょう。

 

社長自身がそこまでのことを狙ってやっているのかどうかは分かりません。

しかし間違いなく社員の家族まで巻き込んで盛り上がっていくための土台を作ることに成功しています。

 

会社が成長していけるのは社員が頑張ってくれるからこそ。

社員が頑張れるのはバックアップしてくれる存在があるから。

 

社長から率先して感謝の気持ちを表すのも大事なことだと思います。

 

- 大村剛史

このサイトを広める

不明点や不安点などは、
お気軽にお問い合わせください。

このサイトを広める